今年で12回目となる「Web of the Year」は、
1年間を振り返り、話題に上ったサイトや有名・人気サイトの中から、
インターネットを利用している皆の投票で「ベストサイト」を選ぼう
というソフトバンク クリエイティブ株式会社主催の企画です。

今年の総投票数は6万2,599票と昨年を大きく超えた。昨年同様に1位を守り抜いたサイトもあれば、新進気鋭のサイトに首位の座を奪われてしまったサイトもある。
インターネットユーザーが選んだ本当に人気のあるサイトをここに発表しよう。
すべてに投票すると、17ものサイトを選ばなければならないのがWeb of the Year 2007。決して楽な投票ではないにもかかわらず投票していただいた、すべての方に感謝したい。

はたして今年の「ベストサイト」は、


年間総合大賞
ウィキペディア
全ノミネートサイトの中で圧倒的な得票数を獲得したのは、
今年もウィキペディア。2年連続で総合大賞というのは異例だが、
人気に衰えが見られない数少ないサービスの1つであり、文句なしの受賞だ。

特別賞
ニコニコ動画
今年のネットレイティングス賞は、2006年のYouTubeにひき続き、
動画共有サイトのニコニコ動画を選出いたしました。
2007年1月のサービス開始後、登録制サイトとして史上最速でユーザー数が拡大、
ユーザー数×平均利用時間で算出される「総利用時間(Total Minutes)」は、
すでにYouTubeに迫る勢いとなっています。
投稿される動画やコメントにみられる高いクリエイティブ性やコミュニティ性、
さらにアフィリエイトを組み込んだECとしての将来性など
魅力的な要素にあふれており、2008年も大いに注目されます。

話題賞
脳内メーカー
ニコニコ動画
YouTube

偽物のサイトまで出現した「脳内メーカー」が、
昨年の覇者「YouTube」を押さえて堂々の一位を獲得。
だれでも気軽に楽しめるサイトとして、マニアだけでなく
幅広い層からの支持を受けている。

プロバイダ賞
Yahoo! BB
OCN
@nifty

プロバイダ賞は、昨年同様Yahoo! BBが獲得。
低価格路線で幅広い層にブロードバンド環境を提供したのは記憶に新しい。
価格だけでなくサポートの充実度を選択の理由にする投票者も多かった。

各部門賞は以下の通り

ウィキペディア
Yahoo!知恵袋
教えて!goo

mixi
ECナビ
価格.com

YouTube
ニコニコ動画
GyaO

Google マップ
Yahoo!地図情報
マピオン

じゃらんnet
楽天トラベル
Yahoo!トラベル

楽天市場
Amazon.co.jp
Yahoo!オークション

ぐるなび
ホットペッパー.jp
Yahoo!グルメ

脳内メーカー
ハンゲーム
shockwave.com

窓の杜
Vector
ITmedia

イーバンク銀行
三菱東京UFJ銀行
ジャパンネット銀行

イー・トレード証券
楽天証券
野村證券

Google
Yahoo! JAPAN
goo

NIKKEI NET
スポーツナビ
MSN産経ニュース

Yahoo!ブログ
Ameba by CyberAgent アメブロ
FC2ブログ

ネットマイル
Gポイント
ちょびリッチ

 
地域密着情報サイトあっとまーく滋賀滋賀タイトルロゴ

「あっとまーくグループ」サイトが
「Web of the Year」を獲るのはいつだ?(^^;;

関連記事

スポンサードリンク




2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る