自民惨敗、過半数割れ 滋賀県議選 「対話」公認は4人

第16回統一地方選前半戦の滋賀県議選は8日投開票され、
全議席が決まった。
滋賀県議選(定数47)は、嘉田由紀子知事を支援する
「対話でつなごう滋賀の会」が4人を当選させ、善戦した。
自民は公認24人のうち8人を落として過去最低の16議席にとどまり、
推薦の無所属を足しても19議席にとどまる見通しで、
自民党系会派(改選前27議席)は過半数割れが確定的になった。
嘉田知事と対立してきた自民の後退は、県政運営にも大きな影響を与えそうだ。

滋賀県議選は、「対話でつなごう滋賀の会」が公認4人のほか、
単独推薦1人、他党との重複推薦7人も当選した。
民主は2議席増の13議席とし、推薦3人も当選した。
共産は現有2から16年ぶりに3議席を確保した。
公明も初の2議席を確保した。

自民党は、大津、長浜で各2議席を減らしたほか、
東近江、米原、高島で相次いで現職が落選した。
「対話の会」は大津、長浜、東近江、高島で各1議席を獲得した。
民主は大津、栗東で議席を伸ばした。共産党は草津で初めて議席を確保した。

無所属は大津、長浜で1人ずつ当選した

京都新聞電子版 Kyoto Shimbun 2007年4月9日(月)

関連記事

スポンサードリンク




2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る