「CSR憲章」を制定  滋賀銀行、地銀で初

滋賀銀行は、企業の社会的責任(CSR)への取り組み
について明示した「CSR憲章」を
本年度から制定した。
地銀では初の試みで全行員に憲章を明示したカードを配布し、
行員へのCSRの意識向上を徹底する。

憲章には、近江商人の「三方よし」の精神を継承して、
「地域社会」「役職員」「地球環境」の3項目と
「共存共栄」を明示し、
顧客重視と職員の個性尊重、環境経営の重要性を打ち出した。

憲章を実現する具体的な取り組みを
「滋賀銀行の行動規範」としてまとめ、
「信頼の確保と社会的責任の追求」
「質の高い金融サービスの提供」
「社会貢献活動」など八項目を掲げている。

京都新聞電子版 Kyoto Shimbun 2007年4月12日(木)

関連記事

スポンサードリンク




2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る