いつから忍者は「ござるしゃべり」なのでござるか

忍者の里として有名なのは、言うまでもなく伊賀(三重)・甲賀(滋賀)。
三重も滋賀も、関西系の言葉をもともと使っているはずで、
ござるなんて語尾は、どっちの方言にもなさそうだ。
本物忍者は、実際には「ござる」とは言ってなかったのではないか?

じゃあ、なんで忍者が話すときには「ござる」という記号が定着したのか。
各地で忍者ショーや忍者教室を行う、
伊賀流忍者集団・黒党(くろんど)頭領、
伊賀流忍術復興保存会会長の黒井宏光さんにたずねてみると、
「やっぱり『忍者ハットリくん』からだと思います」
とのこと。
『忍者ハットリくん』の連載がスタートしたのは、1964年。
のちのちの忍者の言葉づかいに影響を及ぼすとは、
さすがでござるな、ニンニン。

ルーツ的なことは分かった。
じゃあ、実際の忍者は、どんな言葉使いをしていたのか。
黒井さんは言う。
「おそらく、普段は伊賀弁、甲賀弁、
土地の言葉をしゃべっていたと思いますね」
考えてみれば、忍びの者という仕事の性質上、
うかつに忍者であるということがばれたら困る場面は多いはずだ。
いかに溶け込んでいるかが大事。
だから、そんな、しゃべっただけで一発で
「こいつ忍者」って丸分かりになるような目立つ言葉づかい、
するわけがないでござるな。

命を受けて、各地に赴き潜入するのも忍者の大事な仕事。
そんなときは、その土地の言葉をうまくしゃべれないといけない。
「ですからむしろ、特徴的な言葉づかいを持つのではなく、
いかによそ者だと悟られないようにするほうが大事です」
しゃべった途端、「おまえ、伊賀者だな!」
と一発バレしてるようじゃ、意味ないわけで。

黒井さんによると、忍者も方言習得はそれなりに苦労したようで、
「特に『薩摩(鹿児島)が大変だった』という記録が、伝書に残っています」
西郷どんみたいに、「おいどん、~でごわす」
と話す忍者の姿を想像すると、ちょっと楽しい。

忍者というのは、しゃべる言葉ひとつも、大事なんだってばよ。
っていう、現在の人気忍者マンガ代表、
ナルトの「~だってばよ」しゃべりは、
まだまだナルトの口癖でしかなくて、
これ聞いても「あっ、忍者」でなく、「あっ、ナルト」としか思えない。
「ハットリくん」って、すごいな。結局、そんな結論になりました。

エキサイトニュース 2007年04月12日 10時00分

関連記事

スポンサードリンク




2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る