ニートの日

今日は何の日?

2月10日=「ニートの日」 らしい。

ニート(NEET)とは英国政府が労働政策上の人口の分類として定義した言葉で「Not currently engaged in Employment, Education or Training」の略語であり、日本語訳は「教育を受けておらず、労働をしておらず、職業訓練もしていない」となる。
ただしこの訳は日本におけるニートの定義とは異なる。なお、以下では特に断り書きのない限り、日本におけるニートの解説である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「ニート祭り」なるものも開かれていたようです。
精神的なストレスが原因ならば致し方ないところもあろうが
家庭や学校、職場なご周囲の環境に問題があるのなら
本人の責任のみに期するのは酷かもしれない。

一方で現在問題になっている「派遣切り」に対して
気になってしかたない事があったのですが
実に正論を語ってくださる方がおられました。

「今月の業績が悪いことは社長の責任ではないが、
 半年後の業績は100%社長の責任である」
 (「がんばれ社長!」武沢 信行)
  
このメルマガの中で語っておられるとおり

「失業することになった責任の半分は失業者本人にある
ということを誰も言わないのが不思議に感じる」

確かに厳しい雇用状況の中で“生きる”、“稼ぐ”のは
大変だろうけど・・・かく言う私も大変ですが(^^;;

「職種を選らばなければ求人はありますが、
 “自己実現”のためには、就きたい職業を選びたい」・・・

みたいなことをTVで述べておられる派遣村在住の方が
おられましたが、、、

「“自己実現”のためには、
    着きたくない職業に就いてでも成し遂げる」
と言う選択肢があるという考えには至らないのだろうか?

こんな時代の こんな環境だからこそ

がんばれ滋賀! がんばろう滋賀県のお店!
 
地域密着情報サイトあっとまーく滋賀滋賀タイトルロゴ

関連記事

スポンサードリンク




2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る