栗東など3市議選は静観 対話の会 統一地方選後半戦

15日に告示される統一地方選後半戦で、
滋賀では前半戦の県議選で
公認候補4人を当選させた嘉田由紀子知事を支援する
「対話でつなごう滋賀の会」(対話の会)は、
新幹線新駅問題を抱える栗東市など
3市議選については静観する見通し。
一方、大津市議選では2人を推薦し、
他の候補からは県議選での勢いを持ち込まれるのでは
と警戒感が広がっている。

栗東、彦根、近江八幡の3市議選では、
「対話の会」の公認、推薦候補はゼロ。
寺川庄蔵代表(63)は
「人柄や政策を確認する時間がとれなかった」と振り返る。

一方、大津市議選では現職と新人を推薦した。
「2人は昨年の知事選から嘉田を支援してきた実績があった。
ホームページで名前を紹介するなどできる限りの支援はしていきたい」
と話している。

推薦を受けた候補は「選挙カーでなじみのない街に行っても、
『嘉田』の名前は通用する」と知事人気による追い風を期待。
「『もったいない』の精神は市議会にも必要だ」とアピールする方針だ。

一方、「対話の会」の推薦候補の登場に対し、
保守系候補者は「県知事を支えるのに、どうして市議なのか」と批判する。
しかし、
「人気投票になって、訴える政策がしっかり吟味されなくなる恐れがある」
と危機感を抱く候補も出ている。

京都新聞電子版 Kyoto Shimbun 2007年4月15日(日)

関連記事

スポンサードリンク




2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る