「地産地消」

民間からの発案で市の指導をあおぎ
昨年運営が始まったNPO「地産地消推進協議会」があります。

「地産地消」
  ∥
「地元で採れたもの、生産したものは
 地元で消費しましょう」というコンセプトです。

全国にはいろんな組織が活動しておられるようです。
県や市町村に「地産地地消課」を設けたり
農業団体が中心となったりするケースも多いようです。

地元だけで流通する「地域通貨」を発行し
売上の一部を太陽光発電の普及に寄付する
などなど

しかしながら、


参加者(社)の意識がまだ「そこ」まで行っていない。

「そこ」って、どこ?

組織を活用し、
自分のところの商品やサービスを
広めていこう。

早い話が売上アップのしくみにしょう。

と言う意識が・・・

見切り発車で
完全な総意が得られていなかったのが
主たる原因。

しかも、事務局の対応も遅い。

もつとも、事務局側にもその認識はあるようだが
「あと半年か1年後には」と悠長なお・は・な・し。

一般企業では利益確保に長くなった首が
折れてしまいそうな・・・

さてさて、この組織に
『Media Blend Soluion』は効くのか?

各自、各社の店舗、会社の
Rialな活動に

協議会のホームページを活用し
WebとのSolutionを企てる。

本日のお仕事「最大の課題」です。
このままでは、こちらも儲かりそうもありません。

でも、なんだかすごく楽しそうなお仕事です。
すきなんですね・・・
儲からなさそうだけど、楽しそうなお仕事。

進行状況は追ってご報告いたします。
お楽しみに。

関連記事

スポンサードリンク




2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る