「肩書き」って大事?

「部長」・・・「部長代理」「部長補佐」・・・
人材派遣会社のCMじゃないんだから
・・・「どっちでもいいの」です。

しかしながら、


「ディレクター」「プロデューサー」「コンサルタント」
となると少しちがうのか。

職種を表す「肩書き」は「どっちでも」よくはない。

その人がなにをやってるのかわかるように・・・

またまた、しかしながら、
「カタカナ肩書き」は何をする人なのかはっきりしない。

それが狙いだったりもします。

先日、よくしていただいてる社長から
「君は、何をしてるのかよくわからん」と言われました。

ちなみに、私の肩書きは「マネージャー」です。

この事業を任された時に自分でテキトーに決めました。
その時は、「マネジメント」が仕事だと思っていたから。

だが、営業、企画、制作、経理、雑事etc
をこなさなければならない「私」は何なのか?

自分の「肩書き」を自分で決める。

こんな時、あなたは何とつけるのでしょう。

ちなみに、
私は「メディア ブレンド コンストラクター」を
名乗っていこうと考えて、このブログを始めました。

・・・?

それこそ何だかわからん?! ですね。

その正体については、
これから暴露していきます。

お楽しみに。

関連記事

スポンサードリンク




2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る