バレンタインの由来

クーポンスタイル「バレンタイン特集」より

バレンタイン画像

バレンタインデー、それは悲劇からはじまった!

3世紀のローマ帝国は、後に“軍人皇帝時代”と呼ばれる、
軍隊が皇帝を擁立・廃位した軍事的内乱時代
(235~285年の50年間に、18人もの皇帝が登位し、
そのうち天命をまっとうした者はわずか1~2人にすぎない
という無政府状態)でした。

皇帝クラウディウス2世(在位268~270年)は、
「兵士達に恋人ができると、愛する者を想うが故に、
戦争に行きたがらなくなる」と考え、
兵士の結婚を禁止する法令を出しました。

この法令に反し、愛し合う男女を密かに結婚させていたのが、
当時禁教であったキリスト教の司祭バレンチノ(バレンタイン)でした。
これを知った皇帝は怒り、バレンチノを捕らえ、
270年(269年説もあり)2月14日に、棍棒や石でなぐり殺しました。

その後、キリスト教はローマ帝国の国教となり、
2月14日はバレンタイン司祭の死を悼む
「聖バレンタインデー」となりました。

最初は、バレンタイン司祭の殉教を讃える日でしたが、
14世紀頃よりバレンタインは愛の守護神とみなされるようになり、
家族や恋人同士が贈り物やカードを交換するという風習が
生まれました。

つまり、バレンタインデーは、
女性から男性へ一方的に告白する日でも、
恋人同士だけが愛を告白する日でもなく、
広く愛し合う者同士が気持ちを伝えあう日であるようです。
勿論、気持ちを伝えるプレゼントは、チョコレートに限りません。

関連記事

スポンサードリンク




2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る